• HOME
  • >
  • 交通事故に関する弁護士費用

交通事故の弁護士費用

交通事故の弁護士費用

横浜都筑・交通事故のご相談・ご依頼費用

※以下は、被害事故について加害者側が任意保険の対人賠償責任保険で対応する場合の基準です。

相談料
初回は無料(0円)

交通事故被害の損害賠償請求について、皆様が早めに弁護士にご相談なさりやすいよう、横浜都筑法律事務所では初回無料相談(0円)としております。
 
※2回目以降は30分ごとに5,000円+消費税です。
(ご依頼していただいた日の相談料は無料です。)
※ご自身の任意保険の弁護士費用特約が利用可能な場合は、後記の基準となります。
(いずれにせよ初回相談はご自身負担0円です。料金や保険の有無を気にせず、お気軽にお申込みください。)

着手金
無料(0円)

交通事故被害の損害賠償請求について、皆様が弁護士にご依頼なさりやすいよう、横浜都筑法律事務所ではご依頼の着手金を無料(0円)としております。初期費用0円・弁護士費用後払いとなります。
※ご自身の任意保険の弁護士費用特約が利用可能な場合は、後記の基準となります。

報酬金(税別)

①ご依頼後の賠償金の10%・・・保険会社からの賠償提示前にご依頼の場合
②提示からの増額分の15%・・・保険会社からの賠償提示後にご依頼の場合
※ご自身の任意保険の弁護士費用特約が利用可能な場合は、後記の基準となります。

実費

通信費、交通費、印紙代、各種手続費用など、ご依頼の弁護士業務にかかった実費の実額です。


弁護士費用特約が利用可能な場合の基準

交通事故の賠償についてご自身の任意保険に弁護士費用特約が付いていて、利用可能な場合、その保険で弁護士費用を支払ってもらうことが可能となります(なお、保険会社ごとに弁護士費用特約の正式名称は様々です)。
ご自身の任意保険の弁護士費用特約が利用可能な場合、横浜都筑法律事務所では、弁護士費用の基準を以下の通りとしております(ただし、事案により例外はあります)。
 

相談料
30分 5,000円+消費税

着手金

請求額 着手金
 300万円以下  請求額×8%+消費税
 300万円を超え〜3,000万円以下  請求額×5%+9万円+消費税
 3,000万円超〜3億円以下  請求額×3%+69万円+消費税

着手金は、10万円+消費税を最低額とさせていただきます。

報酬金

賠償額 報酬金
 300万円以下  賠償額×16%+消費税
 300万円を超え3,000万円以下  賠償額×10%+18万円+消費税
 3,000万円を超え3億円以下  賠償額×6%+138万円+消費税

報酬金は、原則として20万円+消費税を最低額とさせていただきます。


後遺症(後遺障害)でお悩みの方や、あるいは死亡事故のご遺族の方は、以上について検討する余裕さえないこともあるかと思います。
ご不明な点などありましたら、横浜都筑法律事務所へお気軽にお問い合わせください。

交通事故被害の弁護士相談MENU
交通事故被害の相談交通事故被害の相談

交通事故に関する弁護士費用

交通事故の解決事例交通事故の解決事例

交通事故の解決事例①交通事故の解決事例①

交通事故の解決事例②交通事故の解決事例②

交通事故の解決事例③交通事故の解決事例③

ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ

電話相談(無料)電話相談(無料)

お問い合わせお問い合わせ

事故直後~治療中の方へ事故直後~治療中の方へ

警察への対応警察への対応

保険会社への対応保険会社への対応

治療の留意点治療の留意点

治療中の賠償治療中の賠償

後遺症(後遺障害)の賠償後遺症(後遺障害)の賠償

解決までの流れ解決までの流れ

保険会社との折衝保険会社との折衝

後遺症・後遺障害後遺症・後遺障害

治療費の賠償治療費の賠償

休業補償(休業損害の賠償)休業補償(休業損害の賠償)

後遺症逸失利益の賠償後遺症逸失利益の賠償

交通事故の慰謝料交通事故の慰謝料

死亡事故の賠償死亡事故の賠償

保険会社との折衝保険会社との折衝

死亡事故の逸失利益死亡事故の逸失利益

死亡事故の慰謝料死亡事故の慰謝料

自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準

交通事故の過失割合過失相殺交通事故の過失割合過失相殺

示談か裁判(訴訟)か示談か裁判(訴訟)か

弁護士と司法書士、行政書士の違い弁護士と司法書士、行政書士の違い

よくある質問・相談事例よくある質問・相談事例
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンク一覧リンク一覧

サイトマップサイトマップ