交通事故の過失割合・過失相殺

過失割合・過失相殺

交通事故の過失割合

過失割合による過失相殺

交通事故は、加害者側に100%の責任があるとは限りません。双方に過失がある場合、その過失割合に応じた過失相殺によって損害賠償がなされることになります。
そして、加害者側が、被害者としては思いも寄らなかった過失割合の主張をしてくることがあります。
個々の損害額を算定しても、過失割合が確定しなければ賠償額は定まりません
 
当事務所が担当してきた多くの交通事故案件で、過失割合は、個々の損害額の算定とともに、大きな争点となっています。

交通事故の過失割合

過失割合による過失相殺

交通事故の損害賠償は、双方に過失がある場合、その過失割合により過失相殺されます。このため、過失割合が確定しなければ賠償額は定まりません



過失割合の認定基準

交通事故の過失割合については、裁判官や弁護士らが長年にわたって協議し蓄積してきた認定基準があります。
その認定基準の代表的なものとして、東京地方裁判所民事交通訴訟研究会の編集した「別冊判例タイムズ」にまとめられた基準があります。また、日弁連交通事故相談センター東京支部や、同センター専門委員会も、過失割合の基準を作成しています。
それら認定基準は、いずれも、当事者(歩行者か、自動車か、バイクか、自転車か)や事故態様などにより基本過失割合を設け、個別事情があれば修正して、具体的な過失割合を設定しています。

過失割合の認定基準

交通事故の過失割合には、裁判官や弁護士らが長年にわたって協議し蓄積してきた認定基準があります。
その認定基準の代表的なものとして、東京地方裁判所民事交通訴訟研究会の編集した「別冊判例タイムズ」にまとめられた基準があります。当事者(歩行者か、自動車か、バイクか、自転車か)や事故態様などにより基本過失割合を設け、個別事情があれば修正して、具体的な過失割合を設定しています。



実際の交通事故案件では

個別具体的な事情が重要

実際の交通事故案件では、過失割合について、認定基準だけでは言い尽くせない、個別具体的な事情を見いだせることがあります。その場合、その個別具体的な事情こそが重要であり、単純に認定基準から考えた場合に比べて、ご依頼者の過失は小さいということも少なくありません。
例えば、追突車を運転していた方から当事務所がご依頼を受けた案件で、裁判所によって、追突車が過失ゼロと認定された例があります(つまり、追突された側が過失100%)。

実際の交通事故案件では

個別具体的な事情が重要

実際の交通事故案件では、過失割合について、認定基準だけでは言い尽くせない個別具体的な事情が見いだされ、それが重要になることがあります。
例えば、追突車を運転していた方から当事務所がご依頼を受けた案件で、裁判所によって、追突車が過失ゼロと認定された例があります(つまり、追突された側が過失100%)。

交通事故被害の弁護士相談MENU
交通事故被害の相談交通事故被害の相談

解決までの流れ解決までの流れ

保険会社との折衝保険会社との折衝

交通事故の慰謝料交通事故の慰謝料

自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準

交通事故の過失割合過失相殺

交通事故に関する弁護士費用交通事故に関する弁護士費用

お問い合わせお問い合わせ

ご相談・ご依頼の流れご相談・ご依頼の流れ

交通事故・お問い合わせの参考交通事故・お問い合わせの参考

電話相談(無料)電話相談(無料)

事故直後~治療中の方へ事故直後~治療中の方へ

保険会社への対応保険会社への対応

警察への対応警察への対応

休業補償(休業損害の賠償)休業補償(休業損害の賠償)

治療費の賠償治療費の賠償

治療の留意点治療の留意点

治療中の賠償治療中の賠償

後遺症(後遺障害)の賠償後遺症(後遺障害)の賠償

後遺症・後遺障害後遺症・後遺障害

後遺症逸失利益の賠償後遺症逸失利益の賠償

死亡事故の賠償死亡事故の賠償

保険会社との折衝保険会社との折衝

死亡事故の逸失利益死亡事故の逸失利益

死亡事故の慰謝料死亡事故の慰謝料

交通事故の解決事例交通事故の解決事例

交通事故の解決事例①交通事故の解決事例①

交通事故の解決事例②交通事故の解決事例②

交通事故の解決事例③交通事故の解決事例③

弁護士と司法書士、行政書士の違い弁護士と司法書士、行政書士の違い
弁護士・事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

アクセス案内アクセス案内

当事務所が選ばれる理由当事務所が選ばれる理由

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンク一覧リンク一覧

サイトマップサイトマップ