交通事故被害相談

  • HOME
  • >
  • 交通事故の休業補償・逸失利益

交通事故の休業補償・逸失利益

交通事故の
休業補償・逸失利益

交通事故による収入の損害

交通事故による収入の損害に関する賠償項目として、怪我をした場合には「休業補償(休業損害)」と「後遺障害逸失利益」があり、死亡事故では「死亡逸失利益」があります。



休業補償(休業損害)・後遺障害逸失利益

交通事故で怪我をすると、仕事を休業し、あるいは後遺障害によって、収入の損害が生じることがあります。
そこで、休業補償(休業損害)や、後遺障害逸失利益として、損害賠償請求をすることになります。
このうち休業補償(休業損害)は症状固定までの休業による収入の損害に対する賠償であり、後遺障害逸失利益は症状固定後に後遺障害が認定された場合の収入の損害に対する賠償です。

  • なお、上記のうち「休業補償」「休業損害」という言葉については、厳密には、労災保険で「休業補償」、自賠責保険で「休業損害」が用いられています。裁判所や弁護士、保険会社は通常、「休業損害」の賠償といいます。

休業補償(休業損害)、後遺障害逸失利益の具体的なご説明と、それぞれの関連事項について、以下の各リンク先に掲載しています。



死亡逸失利益

死亡事故では、被害者の方が事故がなければその後も収入を得られたであろう場合、その収入を喪失するという損害が生じます。
そこで、稼働収入や年金・恩給の損害について検討することになります。

具体的なご説明と、関連事項について、以下の各リンク先に掲載しています。



休業損害・逸失利益は消極損害

交通事故の人身被害による財産的損害は、「積極損害」と「消極損害」の2つに分類されます。
怪我をした場合の治療関係費用や、お亡くなりになった場合の葬儀関係費用など、支出を伴うものは「積極損害」です。

これに対し、休業損害や、後遺障害または死亡による逸失利益は、支出を伴うのでなく、得られるはずだった収入(得べかりし利益)が得られなくなったという意味で「消極損害」とされています。

このほか、人身被害では精神的損害が発生し、その賠償が慰謝料です。

交通事故被害の弁護士相談MENU
弁護士・事務所案内

横浜都筑法律事務所
神奈川県弁護士会所属
(旧横浜弁護士会)
〒224-0032
横浜市都筑区 茅ケ崎中央42-21
第2佐藤ビル304
電話:045-350-8424
〔電話受付〕平日9:30~17:00
 (新型コロナウイルス対策中)