横浜・センター南 横浜都筑法律事務所

交通事故で弁護士なら横浜都筑法律事務所

基本過失割合⑤高速道路上

基本過失割合⑤
高速道路上

交通事故の基本過失割合・高速道路上

このページでは、交通事故の基本過失割合のうち高速道路上の事故の場合について、東京地方裁判所民事交通訴訟研究会編「別冊判例タイムズ」が設けている基準を抜粋してご紹介します。


合流地点における事故

(1)四輪車同士

本線車:合流車=3070

(2)自動二輪車と四輪車

〔自動二輪車〕本線車:〔四輪車〕合流車=2080
〔四輪車〕本線車:〔自動二輪車〕合流車=4060


進路変更に伴う事故

(1)四輪車同士

追越車線の後続直進車:走行車線からの進路変更車=2080
走行車線の後続直進車:追越車線からの進路変更車=3070
3車線以上の道路で走行車線の後続直進車:他の走行車線からの進路変更車=3070

(2)自動二輪車と四輪車

〔自動二輪車〕追越車線の後続直進車:〔四輪車〕走行車線からの進路変更車=1090
〔四輪車〕追越車線の後続直進車:〔自動二輪車〕走行車線からの進路変更車=3070
〔自動二輪車〕走行車線の後続直進車:〔四輪車〕追越車線からの進路変更車=2080
〔自動二輪車〕3車線以上の道路で走行車線の後続直進車:〔四輪車〕他の走行車線からの進路変更車=2080
〔四輪車〕走行車線の後続直進車:〔自動二輪車〕追越車線からの進路変更車=4060
〔四輪車〕3車線以上の道路で走行車線の後続直進車:〔自動二輪車〕他の走行車線からの進路変更車=4060


追突事故

(1)過失等により本線車道等に駐停車した車両に対する追突事故

〔四輪車〕追突:〔四輪車〕駐停車=6040
〔自動二輪車〕追突:〔四輪車〕駐停車=5050
〔四輪車〕追突:〔自動二輪車〕駐停車=7030

(2)過失なく本線車道等に駐停車した車両に対する追突事故

被追突車に退避懈怠又は停止表示器材設置懈怠の過失がある場合

〔四輪車〕追突:〔四輪車〕駐停車=8020
〔自動二輪車〕追突:〔四輪車〕駐停車=7030
〔四輪車〕追突:〔自動二輪車〕駐停車=9010

被追突車の駐停車後の対応に過失がない場合

追突車:被追突車=1000

(3)路肩等に駐停車中の車両に対する追突事故

追突車:被追突車=1000

(4)被追突車に道路交通法24条(急ブレーキの禁止)違反がある場合

〔四輪車〕追突:〔四輪車〕急ブレーキ=5050
〔自動二輪車〕追突:〔四輪車〕急ブレーキ=4060
〔四輪車〕追突:〔自動二輪車〕急ブレーキ=6040

  • 道路交通法24条(急ブレーキの禁止)

「車両等の運転者は、危険を防止するためやむを得ない場合を除き、その車両等を急に停止させ、又はその速度を急激に減ずることとなるような急ブレーキをかけてはならない。」


落下物による事故

〔先行車〕積載物等を落下:〔後続車〕四輪車=6040
〔先行車〕積載物等を落下:〔後続車〕自動二輪車=70:30


歩行者と自動車との事故

〔歩行者〕本線車道を歩行中:〔自動車〕=8020
〔歩行者〕駐停車車両の近傍:〔自動車〕=4060


個別事情による修正

以上それぞれの基本過失割合は、個別の態様・状況や、著しい過失・重過失などによる修正が設けられています。修正要素や修正の適否は、類型によって様々です。


交通事故の過失割合ページへ、以下のリンクから戻ることができます。

交通事故被害の弁護士相談MENU
弁護士・事務所案内