耳の後遺障害

耳の後遺障害

聴力障害・耳殻の欠損障害

交通事故の後遺障害のうち、耳の後遺障害は、聴力の後遺障害と、耳殻(耳介)の欠損障害に大別されます。
また、耳鳴や耳漏も後遺障害に相当するとされる場合があります。



聴力障害

交通事故による聴力の後遺障害について、両耳の聴力障害と片耳の聴力障害に大別します。

認定基準においては、以下の値を基礎とします。

純音聴力レベル(純音による聴力レベル):単位「dB」(デシベル)
明瞭度(語音による聴力検査結果):単位「%」

純音聴力レベル(純音による聴力レベル):単位「dB」(デシベル)
明瞭度(語音による聴力検査結果):単位「%」

両耳の聴力障害

両耳の聴力を全く失った
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが90dB以上、又は、両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上かつ最高明瞭度が30%以下
4級3号
両耳の聴力が耳に接しなければ⼤声を解することができない程度に
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上、又は、両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上80dB未満かつ最高明瞭度が30%以下
6級3号
片耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが90dB以上かつ他耳の平均純音聴力レベルが70dB以上
6級4号
両耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度に
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが70dB以上、又は、両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上かつ最高明瞭度が50%以下
7級2号
片耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが90dB以上かつ他耳の平均純音聴力レベルが60dB以上
7級3号
両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度に
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが60dB以上、又は、両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上かつ最高明瞭度が70%以下
9級7号
片耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが80dB以上かつ他耳の平均純音聴力レベルが50dB以上
9級8号
両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度に
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上、又は、両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上かつ最高明瞭度が70%以下
10級5号
両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度に
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上
11級5号

両耳の聴力を全く失った
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが90dB以上、又は、両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上かつ最高明瞭度が30%以下
4級
3号
両耳の聴力が耳に接しなければ⼤声を解することができない程度に
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上、又は、両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上80dB未満かつ最高明瞭度が30%以下
6級
3号
片耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが90dB以上かつ他耳の平均純音聴力レベルが70dB以上
6級
4号
両耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度に
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが70dB以上、又は、両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上かつ最高明瞭度が50%以下
7級
2号
片耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが90dB以上かつ他耳の平均純音聴力レベルが60dB以上
7級
3号
両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することができない程度に
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが60dB以上、又は、両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上かつ最高明瞭度が70%以下
9級
7号
片耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが80dB以上かつ他耳の平均純音聴力レベルが50dB以上
9級
8号
両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度に
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上、又は、両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上かつ最高明瞭度が70%以下
10級
5号
両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度に
【認定基準】両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上
11級
5号

片耳の聴力障害

片耳の聴力を全く失った
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが90dB以上
9級9号
片耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが80dB以上90dB未満
10級6号
片耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが70dB以上80dB未満、又は、片耳の平均純音聴力レベルが50dB以上かつ最高明瞭度が50%以下
11級6号
片耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが40dB以上70dB未満
14級3号

片耳の聴力を全く失った
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが90dB以上
9級
9号
片耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが80dB以上90dB未満
10級
6号
片耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話声を解することができない程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが70dB以上80dB未満、又は、片耳の平均純音聴力レベルが50dB以上かつ最高明瞭度が50%以下
11級
6号
片耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度に
【認定基準】片耳の平均純音聴力レベルが40dB以上70dB未満
14級
3号


耳殻(耳介)の欠損障害

片耳の耳殻の大部分を欠損 12級4号

片耳の耳殻の大部分を欠損 12級

耳殻(耳介)の欠損障害の認定基準

「耳殻の大部分を欠損」とは、耳殻(耳介)の軟骨部の2分の1以上を欠損したものをいう。

イ 耳殻(耳介)の大部分を欠損したものについては、耳殻(耳介)の欠損障害としてとらえた場合の等級と外貌の醜状障害としてとらえた場合の等級のうち、いずれか上位の等級に認定する。

ウ 耳殻(耳介)軟骨部の2分の1以上には達しない欠損であっても、外貌の「醜状」の程度に該当する場合は、その等級が認定される。


後遺障害相当の耳の障害

交通事故による耳の障害のうち、耳鳴と耳漏が、それぞれ以下に該当する場合に後遺障害に相当するものとされています。

耳鳴

耳鳴に係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴が常時あると評価できる 12級相当
難聴に伴い常時耳鳴のあることが合理的に説明できる 14級相当

耳鳴に係る検査によって難聴に伴い著しい耳鳴りが常時あると評価できる 12級
相当
難聴に伴い常時耳鳴りのあることが合理的に説明できる 14級相当

耳鳴の認定基準

  • 「耳鳴に係る検査」とは、ピッチ・マッチ検査及びラウドネス・バランス検査をいい、それにより耳鳴が存在すると医学的に評価できる場合には「著しい耳鳴」があるものとする。
  • 耳鳴が常時存在するものの、昼間外部の音によって耳鳴が遮蔽されるため自覚症状がなく、夜間のみ耳鳴の自覚症状を有する場合には、耳鳴が常時あるものとする。
  • 「耳鳴のあることが合理的に説明できる」とは、耳鳴の自訴があり、かつ、耳鳴のあることが音響外傷等から合理的に説明できることをいう。

耳漏

鼓膜の外傷性穿孔による耳漏が常時ある 12級相当
その他 14級相当

鼓膜の外傷性穿孔による耳漏が常時ある 12級
相当
その他 14級
相当

耳漏の認定基準

  • 手術的処置により治癒を図り、そののちに聴力障害が残った場合に、その障害の程度に応じて等級を認定する。

交通事故被害の弁護士相談MENU
弁護士・事務所案内

横浜都筑法律事務所
神奈川県弁護士会所属
(旧横浜弁護士会)
〒224-0032
横浜市都筑区 茅ケ崎中央42-21
第2佐藤ビル304
電話:045-350-8424
〔電話受付〕平日9:30~17:00
 (新型コロナウイルス対策中)