神経系統の機能・精神の後遺障害

神経系統の機能・精神
の後遺障害

要介護1級から14級まで

交通事故による後遺障害のうち、神経系統の機能又は精神の後遺障害は、下表のとおりです。
最重度は「1級1号」、次は「2級1号」であり、これらは自動車損害賠償保障法施行令の別表第1「介護を要する後遺障害」に分類されるものです。

神経系統
 又は
精神に
著しい障害を残し 常に介護を要する 要介護
1級1号
随時介護を要する 要介護
2級1号
終身労務に服することができない 3級3号
特に軽易な労務以外の労務に服することができない 5級2号
障害を残し 軽易な労務以外の労務に服することができない 7級4号
服することができる労務が相当な程度に制限される 9級10号
局部に 頑固な神経症状を残す  12級13号
神経症状を残す 14級9号

神経系統又は精神に著しい障害を残し、
常に介護を要する
要介護
1級
1号
神経系統又は精神に著しい障害を残し、
随時介護を要する
要介護
2級
1号
神経系統又は精神に著しい障害を残し、
終身労務に服することができない
3級
3号
神経系統又は精神に著しい障害を残し、
特に軽易な労務以外の労務に服することができない
5級
2号
神経系統又は精神に障害を残し、
軽易な労務以外の労務に服することができない
7級
4号
神経系統又は精神に障害を残し、
服することができる労務が相当な程度に制限される
9級
10号
局部に頑固な神経症状を残す 12級
13号
局部に神経症状を残す 14級
9号



中枢神経と末梢神経

神経系統には、脳・脊髄という中枢神経と、中枢神経から出て身体各部にいきわたる末梢神経があります。

そして、中枢神経である脳や脊髄の損傷による障害は、複雑な症状を呈するとともに、身体各部にも様々な障害を残すことが多くあります。
このため、中枢神経の損傷による障害が複数認められる場合には、末梢神経による障害も含めて総合的に評価し、その認定に当たっては神経系統の機能又は精神の障害の等級によることとされています。

ただし、脳又は脊髄の損傷により生じた障害が単一であって、かつ、その障害について等級表に該当する等級又は相当する等級がある場合には、その等級により(神経系統の機能又は精神の障害の等級によることなく)認定することとされています。

中枢神経の後遺障害

中枢神経(脳・脊髄)の損傷による主な後遺障害として、「高次脳機能障害」と「脊髄損傷」について、以下の各リンク先のページで解説します。

末梢神経の後遺障害 

末梢神経の後遺障害は、12級と14級の「局部」の神経症状になります。
その代表的な後遺障害として、「むちうち(頚椎捻挫等)」について、以下のリンク先のページで解説します。


交通事故被害の弁護士相談MENU
弁護士・事務所案内

横浜都筑法律事務所
神奈川県弁護士会所属
(旧横浜弁護士会)
〒224-0032
横浜市都筑区 茅ケ崎中央42-21
第2佐藤ビル304
電話:045-350-8424
〔電話受付〕平日9:30~17:00
 (新型コロナウイルス対策中)