横浜・センター南 横浜都筑法律事務所
交通事故被害の弁護士相談

交通事故で弁護士なら横浜都筑法律事務所

交通事故被害相談

  • HOME
  • >
  • 交通事故による収入の損害

交通事故による収入の損害

交通事故による収入の損害

休業補償、後遺障害や死亡の逸失利益

交通事故で怪我をすると、仕事を休業し、あるいは後遺障害によって仕事への支障が出て、収入の減少・喪失という損害が生じることがあります。
そこで、症状固定までについて休業補償(休業損害)、症状固定に達し後遺障害が残った場合に後遺障害による逸失利益として、賠償請求をすることになります。

死亡交通事故では、お亡くなりになった被害者の方が収入を喪失することはいうまでもありません。
これについては、死亡による逸失利益として賠償請求をします。

これらは、当事務所の弁護士が担当してきた多くの交通事故案件で、慰謝料などとともに、重要な争点となっています。



休業補償・逸失利益のページ案内

それぞれ、派生する問題も含め、以下の各ページでご説明しており、クリックすると移動できます。



休業損害・逸失利益は消極損害

交通事故による人身損害は、財産的損害と精神的損害に大別されます。
このうち精神的損害に対する賠償は、慰謝料です。

財産的損害については、さらに、「積極損害」と「消極損害」の2つに分類されます。
怪我をした場合の治療関係費用や、お亡くなりになった場合の葬儀関係費用など、支出を伴うものは「積極損害」です。

これに対し、交通事故による収入の損害について、怪我をした場合の休業損害、後遺障害による逸失利益や、死亡による逸失利益は、支出を伴うのでなく、得られるはずだった収入(得べかりし利益)が得られなくなったという意味で、「消極損害」とされています。

交通事故被害の弁護士相談MENU
弁護士・事務所案内