横浜・センター南 横浜都筑法律事務所

交通事故で弁護士なら横浜都筑法律事務所

横浜都筑法律事務所
お問い合わせ電話番号

交通事故の治療の留意点

交通事故の治療の留意点

交通事故の治療は賠償の観点も

治療は、本来、純粋に医学的問題であり、怪我や病気を治すためのものです。
交通事故で怪我をした場合の治療も、基本的には変わりありません。

ただし、交通事故の治療には賠償問題の観点が加わります。それは、大きく分けると次の二点となります。
(1)必要・相当な治療費そのものが損害賠償の対象となっている。
(2)症状・診断・治療等の経過が後の損害賠償に影響することがある。



損害賠償への影響を考慮

交通事故の賠償問題に関する上記の観点のうち、(2)の症状・診断・治療等の経過が後の損害賠償に影響することがあるということを考慮して、以下の留意点があります。

早期に治療を開始する

交通事故で怪我をして、救急車で病院へ搬送されれば、そのときから治療は開始します。
これに対し、病院へ搬送されるほどでなかった場合、ご自分で病院へ行かなければ、治療は始まりません。ご自分では大丈夫だと思っていても、実は治療を要する怪我をしていることがあります。怪我を治すためにはもちろん、症状・診断・治療等の記録を残すためにも、早期に治療を開始することをおすすめします。

治療を継続する

交通事故による怪我の治療を開始したあと、しかるべき通院をしないでいると、症状が改善したためではないかと思われる可能性があります。
もちろん、仕事等の事情を優先するのはご自身の判断ですが、損害賠償への影響という観点からは、治療を継続するのが得策です。

自覚症状を漏らさず告げる

交通事故による怪我の自覚症状について、医師に漏らさず告げ、漏らさず診断書やカルテ等に記載してもらうことは、とても重要です。ところが、この自覚症状を漏らさず告げるには、実際には細心の注意が必要となることがあります。

たとえば、手の痺れが複数箇所あって、本当は異なる神経の痺れでも、強く痺れているほうだけ告げてしまうことがあります。そうすると、告げなかった箇所の痺れは記録されず、そのことが後の損害賠償に影響することがあり得ます。

医師の指示に従う

医師からは、次の受診の時期やリハビリ等について指示が出されることがあります。その指示に従わなかった場合、治療の必要性の有無について判断材料とされる可能性があります。
治療と損害賠償の両方の観点から、医師の指示に従うのが得策です。

弁護士に早めにご相談を

以上は一般的な留意点の例です。実情に応じて、早めに弁護士にご相談なさることをおすすめします。

交通事故被害の弁護士相談MENU
弁護士・事務所案内